ブログ

第8回 OTAGAISAMAの輪!OTAサポ 梶克美さま

Information

第8回 OTAGAISAMAの輪!OTAサポ 梶克美さま

今回は、OTAGAISAMAサポーターとしていつも応援してくださっている、梶克美さんにインタビューをさせていただきました!

「女性 整体 枚方」等の検索ワードでGoogle検索1位となり、9割以上のリピート率で、年商2000万円の女性専門の整体サロンを運営する梶さんは、どのような人生を送り、IAECの活動に関わろうと思ったのかお話しを伺いました!

第8回 OTAGAISAMAの輪!OTAサポ 梶克美さま

自己紹介

笑顔とLOVEの応援団長、ひらかたレディース整体 宙soraのかっちゃん先生こと、梶 克美(かじ かつみ)です!(笑)

私は、大阪府枚方市の京阪電車の駅徒歩3分の駅近ビルでレディース専門の整体師をやっています。私自身が、身体に不調を感じて心も身体もボロボロの30代を過ごしていて、整体師にはなりたくてなったわけじゃないんですけど、当時の仕事の延長線上で整体を習うことがあって、まぁ結果として、天職だったかな...という感じですね。


おかげさまで、Google検索1位の整体をやらせてもらっていて、「女性 整体 枚方」で検索すると一番上に出てきます。整体師としては20年目なんですけど、今の整体サロンでは9年目の営業になりますね。もちろん、元々これ1本でやれてはいなかったんですけど、スクールに行って整体を学んで、最初は中国整体を学んだんですよね。それから、東京に行って整体を学び直そうと、もぞもぞ体操・パーフェクト整体の片平悦子先生に師事しました。


元々は頑固な性格なんですけど、それで大変なことも結構あったので、最近は人に「こういう風にやったら良いよ」と言われたことを、とりあえずやってみるようにもなってきていますね。

最近のマイブーム

以前から、学問としての「仏教」に興味があって勉強しています。仏教学を専門にされている佐々木閑先生のYoutube動画をたまたまみつけて勉強中です。龍谷大学でもオンライン講座もやっていらっしゃいますね。元々の仏教の成り立ちが、みんなを救おうみたいな今のイメージとは大分違っていて面白い。困ったら、その先生のYoutubeを観ています。(笑)

日本の仏教は、独特らしいですね。日本でメインとされている大乗仏教は、お釈迦様が亡くなってだいぶ経ってから出てきたもののようで、最初の教えを色々な解釈が入って、その後色々な仏教に分かれていったみたいですね。これが仏教の面白いところで、昔から「出家したらどうなるんだろう?」とか興味を持っているところはあった。空海のエピソードなんかも好きで、あの人が色々なところに行ってやってきたことが面白くって、何とくなくそういったところから、学問としての仏教を学んでる感じですね。「自分自身がどういうことをしたいのか」や「何かに行き詰まって自分と向き合う」ような時に仏教の考え方はとても参考になりましたね。



インタビュー中も快活な雰囲気で、色々な質問に快く応じてくださる梶さん

しかしながら、「笑顔とLOVEの応援団長」というキャッチコピーを掲げて、経営する整体サロンが現在のような人気になるには、様々な苦労を経験してきたからこそだと言います。

1人で色々やらなければいけない...長女として育った日々

1963年大阪市で、商人の街として有名な谷町に生まれ育ちました。グリコなどで有名な道頓堀の近くですね。5歳くらいの時に、父の仕事の関係で大阪の郊外に引っ越したんですけど、この時に土を初めて踏んだくらい都会っ子でしたね。その後は、9歳で父が病気で逝去してしまい、その後は母と私と妹の女3人での生活になりました。


長女なので、人に何かを相談するよりも、とにかく自分でやっていかなきゃいけない感じで過ごしてきました。妹の面倒を見たり、母親の相談相手にもなったり、子ども心ながら受け止めてあげなきゃなと思っていたんでしょうね。当時は小学4年生でしたけど、子どもらしくない子どもだったと思います。うまくできていたかどうかよりも、とにかくやらなくちゃいけない状況でした。学校の先生との3者面談とかも、母親には特に言わずに、「私はこうします」とだけ先生に伝えて、先生も「あ、そう」みたいな感じでした。


それから数年して引っ越して、母親が仕事を辞めて喫茶店を始めました。

私の方は、大学に行きたかったんですけど、結局は行かないと決めて、小学校1年生の頃からやっていたエレクトーンで仕事にできるかもと思って色々とやってみました。その辺は、考え方が子どもなんですけどね...(笑)


教える仕事を一時期やったのですが、稼げなかったのと、才能の無さを実感したんでしょうね。自分一人では食っていけないことなどのモヤモヤした感覚から逃げたくて、母親の喫茶店に来てたお客さんと21歳の時に結婚したんです。
とにかく、それまでの生活から大きく変えたいと思ってたんでしょうね。お相手の人とは8歳差で、車に乗せてもらって遊びに連れていってもらったり、同年代の人と付き合うのとは違う楽しさがありました。

それから、子どもが3人生まれたんですけど、「良い母親でなきゃいけない」「良い奥さんでなきゃいけない」というプレッシャーがあったり、義母に気を遣ったり、「(自分自身も)仕事をしなければいけない」という思いもあったりして、誰も止めたり認めたりもしてくれなくて、いっぱいいっぱいになってしまってたんです。「そんなに頑張らなくて良いよ」みたいなことを言ってほしかったんだと思うんですけど、中々そういうことができなかったんですよね。それで結局、36歳で離婚しましたね。

承認欲求が満たされず、色々やってもうまくいった感覚が無かったんです。相手の人の給料は結構良かったんですけど、稼いだ分も使っちゃう人だったんですよね。酷い時なんて、朝乗っていった車と違う車に乗って帰ってきたりしたこともありましたね。そんな日々で、喧嘩も段々と多くなってきて、「稼いでいないのに偉そうにいうな!」とか言われて、私も「じゃあ、稼げばいいんでしょ!」って思って、化粧品のセールスでより一層働くようになりました。いま振り返ると、正常な思考じゃないですよね。きっと病んでたんだと思います。それで沢山働いて、稼ぐようになったらなったで、相手の人は何も言わなくなってきましたね。衝撃エピソードとして、ある日の朝に起こそうとしたら、「ああ、いま帰るから!」と寝言を言い出して、そういうことをしてるんだなと気づいてしまった時がありました。これが決定打になって、その後直ぐにではなかったんですけど、別れることにしました。

離婚後は、子ども3人引き取って、家のローン支払いも私持ちになったんですけど、子どもの学資保険があったんですけど、それらも解約されて相手に全部持っていかれて、お金がほとんど残っていない状態だったんですよね。一番上の子が公立高校に進学してくれたので助かったんですけど、制服代が無くて、母親に出してもらいました。周りの友人からも、相手が悪いんだから裁判とかしたらよかったのにとも言われたんですけど、やっぱりそういうところが、うまくないんですよね。1人でやろうとする長女の性格が、ここでも出ちゃったんでしょうね。

ふとしたきっかけで学び始めた「整体」が、自分のやりたいことだった

化粧品セールスでのフェイシャルエステをしていたら、「顔もいいけど、、腰が痛いんだよね」という声もいただくようになって、身体の方もできるようになったら稼げるようになるかなと思って、ホントにそういうきっかけで整体を勉強することにしたんですね。最初は、京都の整体のスクールに2年近く通いました。(住んでいる)枚方は、大阪の隅の方に位置していて、すぐ隣は京都という立地だったこともあり、そこに通うことにしました。


当時やっていたセールスの仕事で長く続かなさそうな感覚があって、他のアルバイトや派遣の仕事もやって、毎日生きていくのに必死だった感じでしたね。だから、下の子どもが小学校の時に何があったのか、覚えてないんですよね。腰痛などの身体の不調もありました。


整体スクール卒業後、先輩卒業生の整体院でバイトに入るが、生活のために派遣やバイトを3〜4つと掛け持ち、日曜と夜に知り合いに頼んで整体をさせてもらうという状況。

 

稼げない整体を諦めて、ちゃんと社員などで働くほうが、生活は楽だったと思うのに、苦しい道を選んでましたね。

 

整体の仕事を本気でやりたいからだと気づいて、バイトの片手間整体師に誰も信用しないと、派遣を辞めて、実家の一部屋を借りて開業。

インターネットが出だした頃でしたか、がんばってホームページを自作したりチラシ作ったりして集客しましたが、お客さんは来ない。

 

技術のせいだと、You Tubeで見つけた片平先生の塾に無理を頼んで入りました。当時ホント頼りなかったんでしょうね、「あなたには無理」って何度も断られましたから。(笑)

厳しい先生でしたが、鍛えていただきました。

 

それでも稼ぐこともできず、ローンを払えなくなって、家を没収。

「自分は何をして生きていきたいのか」というのを考えだすようになりました。

高野山での自分との対話



八方塞がりで、整体師として続ける自信がなくなってたときに、

高野山に一晩 籠もりにいき、

 

自分にまだやっていないことが、あった。と気づきました。

 

マーケティングのために集客塾に入り

伝え方やお客さまの導線、動画など、

いろんなセミナーに通い学び実践するようになりました。

実家の五畳一間のサロンにお客さまが来るようになり、

父のいなかった私に優しかった伯父の応援もあって

現在の枚方市駅の駅近のビルに

ひらかたレディース整体 宙soraをオープンしました。

高野山での自分との対話

「笑顔とLOVE」

みなさんにはお伝えしているんですけど、「私が治すわけではないよ。自分の身体がどんな状態かを自分でちゃっと分かって、自分の身体と仲良くしてね。」と常に言っているんですよね。
更年期も終わった女性として、体感しているのですが、女性の身体には、人生の中で何度か大きく変容する時があるんです。その時の身体の声を聴いて、身体の使い方を変える必要をお伝えしています。


笑顔とは、カラダの健康

こころの健康 安心する環境

 

LOVEは、愛のマインド

癒しであり 利他のこころ

平和であること

 

そんな生き方をする応援として

まず、カラダと仲良くしてください

とお伝えしてます。

 

昨年1月から笑顔とLOVEの応援チャンネルとして、笑顔とLOVEに生きてる人、笑顔とLOVEを応援されてる方との対談ライブ

女性ホルモンに特化した整体セラピスト養成講座「スマイラブ」を運営してます。

IAECを応援することになった経緯

代表の山口さんとつながっていて、facebookでお声掛けいただいたので、何かお役に立てたらと思って、OTAGAISAMAサポーターになりました。実は、以前にMISIAのアフリカの難民キャンプに行って支援活動する映像を観て、支援団体に寄付をするようになったんです。承認欲求をずっと求めてきた中で、「寄付」をすることも1つの満たされ方だったのかもしれないですね。山口さんに最初お声がけいただいて、「私に何ができるんだろう?」と思ったんですけど、知らないことが何もできない要因だと思いますし、知ることこそが大事だと思っています。知らないから、(日本社会では障がい者に関わる部分を)放ったらかしにしてきたんだと思います。友人に重度の障害のお子さんがいる人がいるんですけど、「子どもの権利条約」を読んで、彼女にとって何が良いのかを考えて活動している人がいます。

私も読んでみたら、これはすごいなと感じて、女性の権利運動が色々あった時代も経験している分、自分自身が「女性」にこだわっている背景にも気づきかされましたね。

OTAGAISAMAサポーターとしてやっていきたいこと

「一緒にできることは何があるんだろうか」とも思っているんですけど、山口さんが「こんな人だよ」と色々な人に伝えていきたいなと思っています。車いすユーザーの方が知り合いにいて、(山口さんのことを)伝えてみたことがある。ホームページも見たようで、こんな風に前向きになれたらなぁということを語っていらっしゃいましたね。あとは、マッサージやヒーリング的なことをやってみたい人がいたら、講座を開いたりして教えたりすることはできると思いますね。とにかく、「自分がやれることからやっていくこと」が世界を変えることだと思うので、ご縁をいただいたOTAGAISAMAサポーターを続けていきたいと思っています。

--------------------------------------------------------------------

いかがでしたでしょうか?

梶さんのような面白い経験と才能を持った方々が、OTAGAISAMAサポーターには沢山いらっしゃいますので、今後も「OTAGAISAMAの輪」にてご紹介していきます。

また次回をお楽しみに!


★誰もが「自分らしく楽しく生きる」を選べる社会に!

困った時はOTAGAISAMA。助け合いの精神が日本人の和の心❤

\月額500円~OK!/

▼OTAサポで応援!入会はこちらから▼

https://congrant.com/project/iaec/2313

梶さんのYoutubeチャンネル「カラダと仲良く!笑顔とLOVEの応援チャンネル」もぜひ見てみてください!

https://www.youtube.com/c/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%80%E3%81%A8%E4%BB%B2%E8%89%AF%E3%81%8F-%E7%AC%91%E9%A1%94%E3%81%A8LOVE%E3%81%AE%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB